アクアポリンとは〜
アクアポリンとは、体の細胞膜に存在し水を通過させるという特別な性質をもつタンパク質であり、1992年に発見されました。細菌から哺乳類まで全ての生物に存在し、水と生命の間をつなぐ重要な役割を果たしています。アクアポリンの大切さは2003年に発見者のピーター・アグリ博士がノーベル化学賞を受賞したことに端的に示されています。
また最近の研究によると、アクアポリンは水輸送のみならず、細胞の游走や細胞間の接着に働くなど、多くの機能が明らかにされています。アクアポリンの働きは多彩なので、その働きの全貌を明らかにするには、細菌、植物、医学、構造生物学などの多くの分野の研究者が一同に集まって研究成果を議論することが必要であり、そのための一つとして、「アクアポリン国際会議」が開催されました。
日田天領水トップページに戻る

08/7/6 0:18:29更新